家が生活を苦しくしてしまう場合の、宮城県の任意売却

不動産ローンの残高が大きく、それに比較して宮城県の一般売却相場が下がってしまっている場合で、ローンの返済が滞ってしまうと、競売で家を処分してもかなりの残債が出てしまいます。

競売の予想価格は宮城県の一般売却の相場価格からさらに安くなります。

この差額を現金で支払いができるなら、最初からローンで不動産を購入することもないでしょう。

ローンの残高が少なくても、市場価格が大きく下がっていればやはり差額が出ます。

家の購入は金額も大きく、それだけ慎重に考える必要もでてきます。

それまで仕事があっても、退職したり離婚したりと収入に大きな変化が起こったり、生活環境が変わったりすると、今まで支払ができた不動産ローンも滞りがちになります。

およそ半年も支払をしなければ、債権は銀行から離れて、信用保証会社へうつります。

不動産ローンの支払いだけではありません。

不動産を持つということは、固定資産税をはじめ税金や維持費を捻出する必要も出てきます。

クレジットカードなどの支払いなどでも任意売却を行う人も少なくありません。

相続で受け継いだ家を任意売却で手放す人もいます。

家の維持をしようとがんばるのに、借金が減らないということは、家を持つことで生活が苦しくなっているということです。

冷静に考えれば、家をあきらめることで生活を取り戻すことができるともいえます。

次の人生を考える余裕があるなら、早めに損切りをしてしまって、次の人生に向かって歩み出すという考え方もできます。

Comments

Comments are closed.